石塚歯科医院 大和市 矯正歯科,小児矯正,かみ合わせ,金属アレルギー,審美歯科,顎関節症,インプラント
鶴間駅1分 フリーダイヤル:0120-824175
HOME 医院のご案内 診療方針 一般歯科 歯周病
矯正歯科 大人非抜歯矯正例 大人抜歯矯正例 子供の矯正 子供の矯正例
かみ合わせ 顎関節症 金属アレルギー ホワイトニング ノンクラスプ義歯
インプラント 不定愁訴改善例 全身と咬合の会 アクセス 予約はこちら

ホーム > 大人非抜歯矯正例

メニュー
一般歯科
歯周病
矯正歯科
大人の抜歯矯正例
子供の矯正
子供の矯正例
かみ合わせ
顎関節症
金属アレルギー
ホワイトニング
ノンクラスプ義歯
インプラント
アクセス



当院で行った大人の非抜歯矯正症例をご紹介します
症例22
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:10代女性。 上顎両側の中切歯は折れ曲がるように口蓋側に転位していた。 下顎は左側中切歯が歯牙1本分大きく唇側に転位し、左側第一小臼歯は頬側に転位し、左側第二小臼歯は舌側に転位し、全体的に前歯部の歯列が崩れていた。
処置:上顎前歯部は唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、歯牙を唇側に移動した。 同時に下顎は舌側から固定式拡大装置を装着して側方へ拡大し、歯牙1本分の空隙を確保した。 さらに下顎唇側からブラケット、ワイヤーを装着して左側小臼歯2本の捻転を解消し、左側中切歯を歯列に適応させながら、歯列の改善を図った。
期間:1年1カ月
治療前
治療後

症例21
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:30代女性。 他矯正歯科では上顎右側側切歯を削り、差し歯にし、下顎左側側切歯を抜歯する治療を勧められたが、当院では非抜歯にて矯正治療を開始した。 上顎の左側側切歯はすでに喪失しており、右側側切歯が時計回りに捻転していた。 下顎は左側側切歯がやや舌側に転位して正面から見えにくい状態だった。また下顎前歯部が全体的に左に傾いていた。
処置:上顎は唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、右側側切歯の捻転の修正しながら歯列に適応させ、歯列の改善を図った。 下顎は舌側から拡大装置を装着して側方へ拡大し、唇側からブラケット、ワイヤーを装着して前歯部の傾斜及び捻転を解消するとともに歯列の改善を図った。
期間:1年2カ月
治療前
治療後

症例20
症状:上顎前突
所見:10代女性。 歯周病に罹患していた。上顎は右側中切歯が唇側に転位していた。 下顎は左側側切歯が反時計まわりに捻転し、右側側切歯がやや舌側に転位して全体的に前歯部の歯列が崩れていた。
処置:上矯正治療開始前から歯周病治療を行った。 上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、歯牙の捻転を解消しながら歯列に適応させ、歯列の改善を図った。
期間:7カ月
治療前
治療後

症例19
症状:上顎前突
所見:40代男性。 歯周病に罹患していた。下顎左側側切歯は先天性欠損歯であった。 上顎は右側側犬歯が唇側に転位し、両側とも中切歯が捻転しながら唇側に転位し、正中の離開が顕著で前歯部の歯列が大きく崩れていた。 下顎は左側中切歯が舌側に転位し、右側中切歯が時計回りに捻転し、右側側切歯が舌側に転位して前歯部の歯列が崩れていた。
処置:上下顎に唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、歯牙捻転の修正、上顎前歯部の正中離開の修復並びに歯軸を整直し、歯列の改善を図った。 上顎歯牙の圧下にて歯牙の空隙を確保し、顎間ゴムを用いて上下のかみ合わせの改善を図った。 矯正治療前から歯周病の治療を行っていたが、矯正中にも下顎左第一大臼歯付近に歯肉の腫れが確認されたため、その都度処置を行った。
∗ブラケットを付け替えながら歯肉側に歯牙を移動すること
期間:1年9カ月
治療前
治療後

症例18
症状:上顎前突、開口
所見:10代男性。 上顎は両側とも側切歯が口蓋側に転位し、左側中切歯が唇側に大きく転位していた。 下顎は左側犬歯がやや唇側に転位し、右側側切歯がやや舌側に転位していた。上顎の左右の咬合関係が乱れていた。初診時に歯牙に歯垢が多く付着しており、口腔環境の向上が望まれた。
処置:上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して空隙を確保しながら歯牙を移動させると共に正中線のずれを補正しながら歯列の改善を図った。 矯正治療中、歯科衛生士によるブラッシング指導を行い、口腔内環境の向上を進めた。
期間:9カ月
治療前
治療後

症例17
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:10代女性。 上顎は両側とも側切歯が口蓋側に転位し、右側犬歯が歯牙1本分大きく唇側に転位していた。 下顎は右側犬歯が歯牙1本分大きく唇側に転位していた。一般的には抜歯矯正が選択される症例であるが当院では非抜歯にて治療を行った。
処置:上顎は唇側からブラケット、ワイヤーを装着して右側犬歯を歯列に適応させながら歯列の改善を図った。 下顎は舌側から固定式拡大装置を装着して側方へ拡大し、唇側からブラケット、ワイヤーを装着して右側犬歯を歯列に適応させながら、歯列の改善を図った。
期間:11カ月
治療前
治療後

症例16
症状:歯牙萌出部位の異常
所見:10代男性。 上顎左側に犬歯の萌出スペースがなかった。下顎は左側中切歯が時計まわりに捻転し、両側とも側切歯が舌側に転位して全体的に前歯部の歯列が崩れていた。 一般的には抜歯矯正が選択される症例であるが当院では非抜歯にて治療を行った。
処置:上顎左第一小臼歯の抜歯は行わなかった。 上顎に口蓋側からGMDを装着して左側臼歯部を遠心移動し、歯牙の萌出スペースを確保した。 その後、当該部位にホールディングアーチを装着し、上顎両側第一大臼歯を固定した。 さらに唇側からブラケット、ワイヤーを装着して左犬歯を歯列に適応させ、歯列の改善を図った。 下顎は唇側からブラケット、ワイヤーを装着して、捻転を解消するとともに、正中線のずれを補正しながら歯列の改善を図った。
期間:1年4カ月
治療前
上顎口蓋にGMDを装着
上顎口蓋にホールディングアーチを装着
治療後

症例15
症状:上顎前突、下顎前歯部の叢生
所見:10代男性。 上顎右側第二乳臼歯、上顎左側乳犬歯及び下顎左側第二乳臼歯が生え変わらず残存していた。 上顎は右側側切歯が時計まわりに捻転し、左側側切歯が反時計まわりに捻転していた。 下顎は左側中切歯が大きく唇側に転位し、左側側切歯が舌側に転位し、右側中切歯及び右側側切歯が舌側に転位し、全体的に前歯部の歯列が崩れていた。
処置:上顎は唇側からブラケット、ワイヤーを装着し両側側切歯の捻転を解消するとともに歯列に適応させ、歯列を整えた。 下顎は舌側から固定式拡大装置を装着して側方へ拡大し、唇側からブラケット、ワイヤーを装着して歯牙の捻転を解消するとともに、歯列の改善を図った。
期間:9カ月
治療前
治療後

症例14
症状:開口
所見:10代女性。 指しゃぶりが原因により開口状態となっていた。上顎は軽度に正中離開していた。
処置:上顎に舌の突出の改善のため口蓋側からタングクリブを装着した。 上下顎とも左右犬歯間に唇側からブラケット、ワイヤーを装着して空隙を閉鎖しながら歯列の改善を図った。 顎間ゴムを用いて上下のかみ合わせの改善を図った。
期間:5カ月
治療前
上顎口蓋にタングクリブを装着
治療後

症例13
症状:翼状捻転
所見:20代女性。 上顎中切歯が翼状捻転していた。
処置:上顎のみ唇側からブラケット、ワイヤーを装着して歯牙の捻転を解消するともに歯列に適応させ、歯列の改善を図った。
期間:1年
治療前
治療後

症例12
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:30代女性。 歯周病に罹患していた。下顎左側第二小臼歯は先天性欠如歯、下顎左側第二乳臼歯が残存していた。 上顎は右側側切歯が口蓋側に大きく転位し、右側第二小臼歯が低位であり、左側側切歯が口蓋側へやや転位していた。 下顎は左側第一小臼歯が頬側に転位し、右側側切歯が舌側に歯牙約1本分舌側に転位し、右側第一小臼歯が舌側に傾斜していた。
処置:矯正治療開始前から歯周病治療を行った。 上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して歯牙を移動し、正中線のずれを補正しながら歯列の改善を図った。 顎間ゴムを用いて上下のかみ合わせを整えた。
期間:2年3カ月
治療前
治療後

症例11
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:70代男性。 歯周病に罹患しており、下顎前歯のうち一本は動揺が著しかった。上顎は右側中切歯がやや唇側に転位していた。 下顎は左側中切歯及び左側側切歯が舌側に転位し、左側犬歯が唇側に転位し、右側中切歯が時計回りに捻転し、右側側切歯は舌側に大きく転位し、右側犬歯は時計回りに捻転して下顎全体的に前歯部の歯列が崩れていた。
処置:矯正治療開始前から歯周病治療を行った。 上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して捻転を解消するとともに歯牙を移動させ、歯列の改善を図った。 なお、下顎左側臼歯部に骨隆起があるが特に症状がみられないため経過観察とした。
期間:6カ月
治療前
治療後

症例10
症状:歯牙萌出異常
所見:50代女性。 上顎右側犬歯が低位唇側転位していた。上顎右側第一大臼歯及び左側第一小臼歯はすでに喪失しており、両部位にブリッジが装着されていた。
処置:上顎のブリッジを撤去後、上顎の右側第二小臼歯右並びに右側第二大臼歯及び左側犬歯並びに左側第二小臼歯には仮歯を装着した。 上顎のみ唇側からブラケット、ワイヤーを装着して右側小臼歯及び左側犬歯を遠心移動し、空隙を閉鎖しながら歯列に適応させて歯列の改善を図った。 矯正治療後、口腔内の金属修復物を全て撤去し、セラミック製修復物及びジルコニア冠にて補綴処置を施した。
期間:1年
治療前
治療後

症例9
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:50代女性。 上顎は右側中切歯及び右側側切歯が反時計回りに捻転し、左側犬歯が時計回りに捻転して全体的に前歯部の歯列が崩れていた。 下顎は両側の中切歯がやや翼状捻転しており、両側とも第二小臼歯が大きく頬側転位していた。 一般的には抜歯矯正が選択される症例であるが、当院では非抜歯にて治療を行った。
処置:上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、上下顎の歯牙の捻転を解消しながら正中線を補正して歯列に適応させ、歯列の改善を図った。
期間:4年11か月
治療前
治療後

症例8
症状:上下顎のV字歯弓列
所見:40代女性。 上顎は右側中切歯が口蓋側に転移し、右側側切歯が唇側に転位していた。 上顎左側中切歯が時計まわりに捻転しながら唇側へ転位し、左側犬歯は唇側へ転位し、全体的に前歯部の歯列が崩れていた。 下顎は左側第一小臼歯及び右側側切歯が唇側に転位していた。
処置:上顎は口蓋側、下顎は舌側から拡大装置を装着して側方へ拡大し、上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して歯列の改善を図った。 顎間ゴムを用いてかみ合わせの改善を図った。矯正終了後、補綴治療を行った。
期間:2年4か月
治療前
治療後

症例7
症状:正中離開
所見:10代男性。 上顎前歯部が正中離開していた。
処置:上顎のみ唇側からブラケット、ワイヤーを装着し空隙を閉鎖しながら歯列の改善を図った。
期間:7か月
治療前
治療後

症例6
症状:上顎前突、下顎のV字歯弓列
所見:30代女性。 上顎の小臼歯2本がすでに喪失していたにもかかわらず、両側の中切歯が唇側へ転位していた。 下顎は右側側切歯が大きく舌側へ転移し、右側第一小臼歯が頬側へ転位、右側第二小臼歯が舌側に転位し、右側第一大臼歯が舌側に傾斜していた。
処置:上顎は唇側からブラケット、ワイヤーを装着し両側小臼歯を歯列に適応させながら歯列の改善を図った。 下顎は舌側から固定式拡大装置を装着して側方へ拡大し、唇側からブラケット、ワイヤーを装着して各歯牙を歯列に適応させ、正中線を補正しながら歯列の改善を図った。
期間:1年3か月
治療前
治療後

症例5
症状:上下顎前歯部の叢生
所見:30代女性。 上顎は右側第二小臼歯が口蓋側に転位していた。下顎は右側側切歯が舌側に転位し、下顎全体の歯列弓が狭窄していた。 一般的には抜歯矯正が選択される症例であるが、当院では非抜歯で治療を行った。
処置:上顎は口蓋側、下顎は舌側から固定式拡大装置を装着し、側方へ拡大を図った。 さらに上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して空隙を閉鎖しながら歯列に適応させ、歯列の改善を図った。 矯正治療終了後、親知らずの抜歯、金属修復物を全て撤去し非金属の修復物に変え、ホワイトニングを行い、前歯部の補綴物も再作製した。
期間:1年4か月(補綴治療終了まで)
治療前
治療後

症例4
症状:下顎前歯部の空隙歯列
所見:70代女性。 下顎前歯部のみ自歯が残存し、自歯部位に空隙があった。上下顎とも義歯を装着していた。
処置:下顎のみ唇側からブラケット、ワイヤーを装着し空隙を1か所に集め、シェルテックにて空隙部位を閉鎖しながら歯列の改善及び審美的な改善を図った。
期間:3か月
治療前
治療後

症例3
症状:上顎前歯部の叢生
所見:20代女性。 上顎の左側側切歯が口蓋側に転位していた。当該歯を抜歯してインプラント埋入を希望していたが、若年のため矯正治療による歯列の改善を提案した。 後日、同意を得られたため矯正治療を開始した。
処置:上顎のみ唇側からブラケット、ワイヤーを装着し、左側側切歯を歯列に適応させながら歯列の改善を図った。
期間:6か月
治療前
治療後

症例2
症状:下顎前歯部の叢生
所見:30代女性。 下顎の左側側切歯及び右側中切歯が舌側に転位し、全体的に前歯部の歯列が崩れていた。
処置:下顎のみ舌側から固定式拡大装置を装着して側方へ拡大し、唇側からブラケット、ワイヤーを装着して正中線を補正しながら歯列の改善を図った。
期間:9か月
治療前
下顎に舌側から固定式拡大装置を装着
固定式拡大装置を撤去
治療後

症例1
症状:反対咬合、上下顎前歯部の叢生
所見:30代女性。 上顎は右側中切歯が時計回りに大きく捻転して唇側に転位し、両側第一大臼歯が口蓋側に転位していた。下顎左側第一大臼歯が舌側に傾斜していた。 下顎は右側側切歯が唇側に大きく転位し、右側第二小臼歯が頬側に傾斜し、右側第一大臼歯が舌側に傾斜していた。
処置:上顎は口蓋側から、下顎は舌側から固定式拡大装置を装着し、側方へ拡大した。 上下顎とも唇側からブラケット、ワイヤーを装着して歯軸の整直と反対咬合の改善を図った。 矯正治療終了後ホワイトニングを行い審美的にも改善された。
期間:1年6か月
治療前
上下顎に固定式拡大装置を装着
治療後

大人の非抜歯矯正の患者様から頂いたお手紙

石塚歯科医院 先生、スタッフの皆様

いつも優しく、丁寧に治療して下さり、本当にありがとうございます。

私は以前、3つの歯科医院を受診し、全ての医院で「上下4本を抜歯しなければならない」「期間は2年程度」と言われました。
歯列矯正専門のクリニックや、審美歯科で有名な医院などでしたので私自身もその意見に納得しておりました。
しかし、知人に勧められて受診した御院で、1本も抜歯することなく、しかも実質11か月ほどの短期間で歯列矯正を行なって頂くことが出来ました。
その上、どの歯科医院で出された見積もりよりも、ずっとリーズナブルでした。
11か月という非常に短い期間で歯列矯正を終えることが出来ましたのも、 いつも本当に丁寧に親身な治療をして下さる先生とスタッフの皆様のお心のおかげだと、深く感謝しております。

今では両親と叔母も御院の患者となり、皆、先生とスタッフの皆様の温かい治療のお世話になっております。
特に父はインプラント治療でもお世話になり、「インプラントをするか迷っていたが、良い先生に出会えて良かった」と喜んでおります。




石塚歯科医院(大和市) 矯正歯科,小児矯正,かみ合わせ,金属アレルギー,審美歯科,ホワイトニング,歯周病,インプラント
Copyright(C) ishizuka dental clinic All Rights Reserved.  本サイト  ミラーサイト
当ホームページに掲載される記事、写真、その他の著作権は、石塚歯科医院またはその情報提供者に帰属します。